5203円 灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス アクセサリー・ジュエリー ネックレス・ペンダント ネックレス・ペンダント 灯~AKARI~ホエールテール 2021 緋銅ペンダントネックレス 【当店限定販売】 灯~AKARI~ホエールテール 2021 緋銅ペンダントネックレス 【当店限定販売】 /amapa2570447.html,aluminiumrooflinesystems.co.uk,灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス,アクセサリー・ジュエリー , ネックレス・ペンダント , ネックレス・ペンダント,5203円 5203円 灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス アクセサリー・ジュエリー ネックレス・ペンダント ネックレス・ペンダント /amapa2570447.html,aluminiumrooflinesystems.co.uk,灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス,アクセサリー・ジュエリー , ネックレス・ペンダント , ネックレス・ペンダント,5203円

灯~AKARI~ホエールテール 2021 緋銅ペンダントネックレス 激安セール 当店限定販売

灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス

5203円

灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス

灯~AKARI~にホエールテールの作品が誕生しました! 海でクジラに出会えることは幸運だと言われています。 さらに、クジラが飛び上がって海に戻る瞬間のクジラの尾はあまり見ることができないことから、それを見ることが出来た人には『さらに幸運が訪れる』と信じられています。 そのため、ホエールテールは『幸運の象徴』として親しまれています。 デザインのライン、凹凸感、高低のある厚みなど、毎回作品は異なります。 そこで特に気をつけていることは、動きのある表情に仕上げることです。 ホエールテールのモチーフは、自分にとっても思い入れがあります。 手作りの質感と模様と合わせて、美しい緋銅の色を身につけて、楽しんで頂ければ幸いです。 この作品は、中心の下部に小さな斑点が3か所あります。 しかし、肉眼ではなかなか見つけるのは難しいことと、その欠点以上に作品の仕上がりが良いため、作品として認定しました。 ご自身用はもちろん、お誕生日、記念日など、贈り物としてもおすすめします! 【緋銅とは】 江戸時代の頃に発明されたと言われる銅の着色技法です。 【緋銅の作り方】 綺麗に磨いた純銅を『限界』まで熱して、いいタイミングでホウ砂水溶液の中で急冷することで、銅本来の特殊な緋色の皮膜を定着させる非常に困難な技法です。 【銅の色】 釉薬や塗料といった発色材料(コーティング)を使用していない自然な発色です。また、仕上げに蜜蝋、研磨剤など一切使用しておりません。 『灯~AKARI~』とは 技術を磨く職人たちが懸命に1本1本真剣に刻んだ数々の練習用の銅板。 その銅板が、決して表に出てくることはありません。 練習では1本1本にその当時の職人の想いが込められています。 技術という点では未熟かもしれませんが、想い出の銅板であることには変わりありません。 その銅板を緋銅という新しい息吹を吹き込んだハンドメイドの1点ものです! <作家から一言> 初めに銅板の模様に合わせて、クジラの尾の位置を決め、糸鋸で切り出します。 ヤスリで削りながら、成形してから焼きなましをし、叩きながら尾の立体感を作っていきます。 形が整ったところで、ヤスリで模様が消えないようにしながら磨き上げていきます。 火入れでは、炎に当てる位置とその見極めが重要となります。 純銅を溶ける寸前まで加熱して、いいタイミングでホウ砂水溶液に入れると、ボコ、ボコボコっと…ほぼ均一な緋色になる瞬間は、何回見ても嬉しくなります。 なお、形状や緋色など同じものは、2つと作ることはできません。 自然な色合いと風合いを楽しんでいただける世界にひとつしかない作品として、自信をもって販売しております。 <仕様> 純銅:縦18mm、横28mm、厚み1mm ネックレス:SV925小豆40cm(メッキ加工) <お手入れ方法> 緋銅の色は酸化皮膜を利用したものです。 表面の色合いを長く楽しむコツは、使用中、使用後は表面が他のものとぶつからないように管理してください。また、柔らかい布で乾拭きをすると輝きを長く保つ事ができます。チャック付の小袋などに入れておくこともお勧めします。 <赤い色のアイテムのポイント♪> 一般に赤い色は「めでたい、喜ばしい慶事、にぎやか」の意味を表し、「おめでたい色」、「縁起がよい色」とされています。 神社仏閣の鳥居の赤、赤飯、赤ちゃん、還暦祝いなど…縁起のよい赤い色のアイテムを身につけましょう。 <結婚7周年は銅婚式> 銅婚式は結婚7年目という家族や財産など、安定する時期を「銅」に例えて、その安定を祝います。 ======================== この作品を実際に見てみたい方は、工房でご覧いただくことができます。 なお、予約制となりますので、事前にご来店予約をしてください。








灯~AKARI~ホエールテール【2021】緋銅ペンダントネックレス

新着

NEW

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

特集

カテゴリごとに読む

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。